どのくらいの血圧がいいの?

どのくらいの血圧がいいの?

日本人の国民病と言われる高血圧。それもあってか血圧が高いと危険だ、という認識はできていますが実際にはどのくらいの血圧が正常で、どこからが高血圧なのか、もし知らないのであれば今後血圧を測ったときに誤って高血圧を見逃してしまうかもしれません。

血圧値から見る血圧の基準

高血圧を放っておくと動脈硬化が発生し、その影響で色々な合併症が起きる事になるため、血圧には注意を日常的に注意をするのが良いとされます。
しかし高血圧とはどこまでの事を言うのかがわからなければ気を付けようがありません。
血圧とは全身に血液を送るように心臓が掛ける圧力の事を言うのですが、この圧力がある基準をこえた状態が継続する事を高血圧と言います。
ではその基準は具体的にはどういった数値になるのかというと、高血圧学会によって2009年に定められた治療のためのガイドラインには拡張期と収縮期の数値の幅によって定義されていて、収縮期が80以下で拡張期が120以下の時を至適、同85以下で130以下の状態を正常値となっています。
この数値以上の収縮期が90以上で拡張期が130以上の状態が高血圧と言われているのですが、収縮期が85から89の間で拡張期が130から139の間の状態は予備群であると定義されています。
そしてこの数値以上でも種類が分けられていて、収縮期が90から99で拡張期が140から159の場合をグレードI、収縮期が100から109で拡張期が160から179の場合をグレードII、これ以上の数値の場合をグレードIIIとして定義されています。
このグレードが高ければ高いほど合併症のリスクが高くなっていくので注意が必要になります。
ただしこれらの数値は病院などで使用される診察室用の数値なので、家庭で測定する際には家庭用の数値である135/85mmHg以上であれば高く、125/80mmHg未満であれば正常というものを使用するようにしましょう。
健康診断以外では特に調べないという方も多いですが、日常的に数値を調べる事が重要になるので、できるだけ家庭でも測定するようにしましょう。
■通販でも買えるらしい
高血圧治療薬ノルバスクのお薬情報
■薬の効果を知り、安心して治療しましょう
メインテートの効果について
■怪しいと思って調べてみました
あんしん通販薬局を徹底検証